組織図


キフジャパンは、国内の各地域にあるキフを統括し、関東地域の活動も担当。

各地域のKIF

北海道、東北、中部、関西、中国、四国、九州、沖縄地域の活動は、それぞれの地方KIFが管轄し担当。その活動内容は、キフジャパン国内本部に報告。キフは、必要に応じて本部と連携を取りプログラム事業を開催。

全国で開催される一事業に関しては、キフジャパン国内本部が指揮を取り、キフが振興する。もし特定の地方キフの団体が、何らかの理由で機能していない場合は、キフジャパン、または近隣するキフが兼任する。

地元のことは地元の方達が一番詳しく、地方の事業は本部の方針に従い各キフで発案し、企画し、振興し、その地域に見合ったやり方で運営する地域型組織体制を実施しております。

海外との連携

キフジャパンは、対等の位置にある海外のキフとも連携を取り二国間での共同国際事業などを該当国や国内で実施。

事業形式


キフジャパンは、地方の次世代青年たちを対象に、行政府、地方行政、駐日外国公館、教育機関、非営利団体、民間企業(以下:支援機関)とコラボし、国内各地域のKIFを通じて、グローバル人材育成支援と地域活性化支援、地域社会経済の発展支援を実施。

簡潔に言えば、主に支援機関と青年たちを結びつけたプログラム事業を行います。

プログラム事業は、主に

の4つに分類されます。