ごあいさつ


2011年3月11日に起きた東日本大震災の復興支援をきっかけに設立してから、6年が経ちました。

設立当時は、2008年にアメリカで設立した非営利公益法人「米国コヤマダ国際機構」がロサンゼルスを中心に、現地で復興支援のため義援金や支援物資を集めるために、チャリティーイベントを開催したり、様々な方達から支援物資を集めていました。その支援物資を被災地へ送るためや義援金を被災地の3県に送るために、国内で様々な方達に支援をしていただき、無事に被災地へ送ることができました。それが、設立のきっかけの一つになりました。

その後、駐日アメリカ大使館から個人的に講演の要望があり、高校生や大学生を主に対象とした講演会「アメリカンドリームを追いかけて」のため東京、大阪、岡山、福岡、沖縄を回りました。講演では、夢を叶えるために地方から大都会ハリウッドへ渡米し、その後の海外留学や人生経験を参加者に話しました。講演会を通じて、各地で500名以上の高校生や大学生と対談する機会をいただき、参加者の海外留学や海外進出などグローバル的に活躍したい情熱を肌に感じました。

全ての講演会を終えたのち、地方での国際講演会や国際交流活動を団体として継続するために、本格的に「日本コヤマダ国際機構」(通称:KIFジャパン)を東京都日本橋に事務所を設置しました。その後、駐日アメリカ大使館&総領事館とコラボし、各地で海外留学を経験した学生やこれから海外留学を考えている青年、地元での国際交流活動に興味のあるボランティアの支援のもと、高校、大学などでアメリカ留学の講演、日米国際交流イベントなどを実施しました。

その後、様々な関係省庁、駐日外国公館、大学、小・中・高校、非営利団体、企業様から多大な支援を受けて、継続的に地方を中心に、国際交流活動や講演会を中心に事業を実施することができました。

今後も引き続き、小さな団体で微力ですが、次世代の若者達を支援していくために、地方活性化のために全身全霊で挑戦していきますので、ご指導の方どうぞ宜しくお願い致します。

日本コヤマダ国際機構(KIF ジャパン)
理事長 小山田真

主な経歴


岡山県生まれ育ち。俳優・プロデューサー。Shinca Group代表取締役会長兼CEO。

高校卒業後18歳の時にハリウッド俳優になること夢を追いかけて単身初渡米。渡米後、中国少林拳を始め、全米優勝。出演代表作はトムクルーズ主演ハリウッド映画「ラストサムライ」で準主演・信忠役を演じ、米ディズニー映画「カンフー・プリンセス・ウェンディー・ウー」で日本人初主演、米テレビドラマ「妖怪キング」で主演。

2005年の23歳の時に、ハリウッドに映画制作会社「Shinca Entertainment」を設立し、プロデューサーとしてハリウッド映画、テレビドラマ、ビデオゲーム、アニメ、アメコミなどの企画製作を手がける。

2008年の26歳の時に、ロサンゼルスで非営利公益法人「米国コヤマダ国際機構」(通称:KIF/キフ)を設立し、全米武道祭を主催したり、国際交流事業を実施。

現在もハリウッドを拠点に、本業の俳優・プロデュース業と同時に、KIFを通じてアメリカ、日本、南米コロンビアを中心にチャリティ活動を実施。

理事長の動き